長年使っているコーヒーミルのハンドルを木にしたい

少し前にご依頼いただいた案件のご紹介。

学生時代に購入したコーヒーミル。長年ずっと大事に使ってきたそうです。
その方は60代。
そう、40年以上愛用している代物。

しかし、一つだけずっと気になっていることがあったそうです。

それが、ハンドル部分が赤いプラスチックであること。

すごく、思い出深く、愛着もひとしおのそのコーヒーミル。
購入当初から多少違和感を感じていたものの、
年々その違和感が膨らんできます。
何とかならないのか、ずっとそう思ってきたそうです。
でも誰にどう頼めばよいかわかりません。

そんな時に、ツバキラボという存在を知り、
お声をかけていただきました。

「できれば、サクラの木を使ってほしいな」
「ハンドルの真ん中あたりを膨らませてほしいな」

やはりこだわりがあります。

元の赤いプラスチックハンドルを郵送で送ってもらい、
必要な条件である寸法を拾い、あとはご希望通りの形状に加工。

そして、ご依頼主にお渡ししました。

大変喜ばれていました。

40年以上気になっていたことが解決できたわけですからね。

こちらもなんだかあったかい気持ちになれました。

(残念ながらそのコーヒーミルを見れずじまいなのですが、より愛着がわいておられるといいな、と思います)