長良川おんぱく「長良杉でつくるシンプルなオープンボックス」が開催されました!

こんにちは!

10月7日(日)に長良川おんぱく「長良杉でつくるシンプルなオープンボックス」を開催いたしました。

長良川おんぱく 木工 ワークショップ オープンボックス シンプル 収納

収納や整理整頓など「片づけ」に関する悩みは非常に多いわけですが、意外とこういうシンプルなボックスって便利で、かつなかなか売っていない。それを地元の木材を使って自分で作ることができるワークショップだったらなおさらいいんじゃない?ということで今回企画してみました。

またツバキラボでどんなことができるのか、をミニマムに体験してもらえるような内容にさせていただきました。本格的な木工機械、電動工具を使えば短時間でも立派な家具を作ることができることを知ってもらう意味合いもあります。

当日は写真をとる暇がなかったので、すべての回で撮影はできませんでしたが、どんなことをしたのか、追ってみていきたいともいます。

長良川おんぱく ツバキラボ ワークショップ 長良杉 オープンボックス

まずは用意された板を木工機械で切っていきます。

今回のオープンボックスは、各参加者の希望する大きさ(幅)で作れるようにしました。そのため、それぞれつくるサイズが違うので、ご自身で希望する長さに板を切ってもらいました。
こういう大きな木工機械もしっかり説明を聞き、スタッフがいるもとで作業すれば安心です。

長良川おんぱく ツバキラボ ワークショップ 長良杉 オープンボックス

長良川おんぱく ツバキラボ ワークショップ 長良杉 オープンボックス

切断した板に、加工の記となる墨付けをして、トリマーという電動工具で角を落とす面取り加工をしました。
その後、ビスケットジョイナーを使って、板を組み合わせる加工をしてきます。

長良川おんぱく ツバキラボ ワークショップ 長良杉 オープンボックス

長良川おんぱく ツバキラボ ワークショップ 長良杉 オープンボックス
そして、組立へ。

一人ではできない作業はペアになって助け合いながら作業してもらいました。

ということで、最後の完成写真を撮り忘れていたのは非常に残念なのですが、皆さん、自身でつくった家具に満足していただけました!