Company

「身近な資源をつかい、自分でつくる」を
あたりまえに

自分でつくり、暮らす

自らの手でつくり、それらを使い、暮らす。
暮らしの中に広がるリアリティ。
そこに豊かさがあります。

そして、地域にある資源を使うことも大事なこと。
遠いどこかからやってきたのかわからないものより、
「あそこの木を使ってつくった」のほうが、
やっぱりいい。

「身近な資源を使い、自分でつくる」

それを当たり前にするためにシェア工房を立ち上げました。

企業ミッション

「地域資源を活用し、人々の暮らしを豊かに」

社名

合同会社ツバキラボ

設立

2017年5月10日

資本金

5,000,000円

代表者

和田 賢治

従業員

2名

所在地

〒502-0801
岐阜県岐阜市椿洞1228-1

事業内容

会員制 木工シェア工房 運営
木製品/家具 企画・製造 / OEM/ ODM
木工用工具 販売
地域材活用コンサルティング

WEB/SNS

メンバー

ツバキラボ 会社

和田賢治

1981年 岐阜市出身
高校時代に1年間ミャンマーへ人生修行に行き、その経験から国際協力を志す。
高校卒業後、アメリカ オレゴン大学へ入学し、その後、イリノイ大学アーバナシャンペーン校へ編入(都市計画専攻)。
大学卒業後、帰国し、トヨタ自動車入社するも、大量生産大量消費の世の中に疑問を持ち、退職し、木工の世界へ。
家具産地である飛騨高山にて修行し、その後、岐阜県立森林文化アカデミーにて5年間教員を務める。
2017年、合同会社椿洞ものづくり研究所(現:合同会社ツバキラボ)を設立し、
7月 会員制木工シェア工房 ツバキラボをオープン。

「地域資源を活かし、人々の暮らしを豊かにする」
この揺るぎない思いを掲げ、日々奮闘中

安間将嘉

高校でデザインを学び、進学したのは岐阜県立森林文化アカデミー。
2年間林業を学び、その後飛騨高山にある森林たくみ塾へ進み、木工の技術を習得。
2019年春、ツバキラボへ入社
デザインもでき、3D CADも使いこなし、森、木の知識を持ち合わせた木工職人。
さらには、動画編集もするように。
新しいことにチャレンジするツバキラボを、技術面で支えるなくてはならない人。